さくらこども園

さくらこども園の紹介

あそびの環境

ごっこ遊びゾーン

社会には様々な人がいて、様々な職業があります。そんな社会を模倣して遊ぶのがごっこ遊びゾーンです。 家庭での生活を真似するままごとだけでなく、様々な職業を体験する「ごっこ遊び」は子どもたちに人気です。用意してある衣装や道具を使いお医者さんになったり散髪屋さんになったり。様々な役を演じることができるような用意をしています。

ゲームゾーン

ゲームゾーンの大きな目的は「子ども同士の関わりを生み出すこと」です。
協力して進めるゲーム(コーポラティブゲーム)が置いてあるのは、協力することの楽しさを体験してもらうためです。また、一人ではできない「勝った」「負けた」の体験も大事です。時には1人で遊びたい子もいます。そんな子をジャマしないのも大事な関わりのひとつと考えています。

制作ゾーン

何かを描きたい、何かを作りたい、何かを表現したい、そんな思いを実現できるのが製作ゾーンです。作りたいと思ったときに道具や素材を自分で取り出せるように、必要なものはいつでも用意してあります。一人でじっくりと絵を描いたり、みんなで協力して作品を作ったり、できたものを作品として飾っておくことで他の子の刺激になったり。子どもたちの表現したいという思いを大切にしている場です。

積み木ゾーン

積み木ゾーンの遊びの特徴は、遊びがダイナミックに展開していくところです。自分が作っていた家が他の子の家とつながったり、自分が作っていた道が他の子の道とつながったりして、大きな街に発展していくこともよくあります。みんなで智恵を出し合うことで、1人ではできなかったものすごく高い積み木の塔を作ってしまうこともあります。友だちと協力することで遊びの楽しさが増してくるのが積み木ゾーンの遊びの特徴で、関わりを生み出す大事な場です。

絵本ゾーン

一人で読んだり、みんなで読んだり、わからないことを調べたり。そんなことができるのが絵本ゾーンです。ストーリーや文字に対しての興味はもちろん、様々なことへの興味・関心が膨らみます。置いてある本の種類は様々で、物語だけでなく図鑑や言葉の本、手作りの行事の活動写真集などもあります。発達に応じた様々な分野の本を用意し、子どもたちの興味をさらに広げていく、そんな場です。

野外活動「てくてくの日」

天気に関係なく、園舎を飛び出して一日中地域の中で過ごす。それが「てくてくの日」です。
自然の中では子どもたちは身体や五感をめいっぱい使って世界を広げてきます。目にしたり手にしたりするもの全てが子どもたちの遊びに変わります。また、地域の方々との触れ合うことで、社会には様々な人がいることを感じることができます。自分たちが過ごしている地域を知り、その土地での遊びを十分に楽しむことは、地域を大切に思う気持ちの基礎となるはずです。